消費者金融とは、一般的に「サラ金」と呼ばれる金融会社のことを言います。
サラ金と聞くと、少し聞こえが悪いかもしれませんが、簡単に説明をすると、無担保で個人に融資をおこなっていて、貯金や為替などの業務をおこなっていない金融会社が消費者金融になります。
銀行と比べると、審査内容がかなり甘く設定をされており、融資がおりるまでの期間が短かいことが特徴で、最短で申し込んだ当日に融資がおりることもあります。
しかし、審査に通りやすく、気軽にお金を借りることが出来るというメリットがある反面、銀行などの金融会社と比べて、金利が高く設定をされているというデメリットもあります。
以前は、違法な高い金利をとって貸し付けをおこなう消費者金融が多く存在をしていましたが、今では、法律で「金利」と「借金」に規制があるため、そのような悪質な消費者金融も少なくなってきました。
利息制限法で定められている上限金利と、出資法で定められている上限金利の間のグレーゾーンで貸付をおこなう消費者金融が多かったのですが、2010年に出資法の上限金利が年率20%に改定をされ、20%を超えると刑事事件として処罰をされるようになったのです。
そのため、以前から比べると、安心をして利用をすることが出来るようになった消費者金融ですが、いまだに上限金利を超える違法な金利で貸付をおこなう「ヤミ金」は存在をしています。
急にお金が必要になったり、多重債務によって借りることのできる金融会社がなくなったりした場合に、簡単に借りることに出来るヤミ金に手を出してしまう人もいますが、高い金利によって返済が出来なくなり、借金地獄にならないためにも、消費者金融選びは慎重におこなう必要があります。

Published by 管理人