意外と身近な金融会社

金融とは「お金の流れ」や「お金の貸し借り」などを意味する言葉で、金融会社とは、お金の貸し借りや運用を主な業務としておこなっている会社のことを言います。
金融会社と聞くと消費者金融のイメージが強く、自分とは関係が薄いものだと考える人がいるかもしれませんが、生産者と消費者との取引やサービスは、常に私達の身の回りに存在をしており、このようなお金の流れは常に発生をしています。
つまり、私達が考えている以上に、金融会社とは、身近なところに存在をしている会社なのです。
わかりやすいところでは、銀行や郵便局などが金融会社のひとつになりますし、保険会社、カード会社、証券会社なども金融会社の中に入ります。
金融会社と一言で言っても、おこなっている業務内容には、それぞれ違いがあるため、利用をする目的によって適切な金融会社を選ぶ必要がありますが、金融会社の種類は知っていても、それぞれの金融会社が具体的にどのような商品やサービスを扱っているのかを知らない人は意外に多いのではないでしょうか?
金融会社には、証券会社、投資信託委託会社のように資産運用を主におこなっている会社もありますが、一般的に利用をする可能性が高いのは、主にお金の貸し借りをおこなっている金融会社だと思います。
ここのサイトでは、お金の貸し借りを主におこなっている金融会社の中で「銀行系金融会社」「カード会社」「消費者金融会社」の3つの金融会社を抜粋してご紹介します。