一昔前まで、銀行がおこなうローンと言えば、住宅ローンやマイカーローン、企業に対するローンなどで、個人を対象としたローンは存在をしていませんでした。
しかし、近年では個人に対する無担保ローンもおこなわれるようになり、銀行に口座を開く時などに、クレジット機能がついたキャッシュカードの発行を勧められることも多くなりました。
また、銀行が直接運営をおこなうのではなく、銀行と消費者金融が共同で出資をおこなって、子会社を作り、その子会社が主な運営をおこなう「銀行系金融会社」も増えてきています。
具体的には、三菱東京ファイナンシャルグループのアコムや三井住友銀行のプロミス、三菱東京UFJ銀行のモビットなどです。
「銀行系」という言葉が少しややこしくさせていますが、銀行系金融会社とは、銀行が後ろ盾となって運営をおこなっている会社のことなので、銀行で組むローンとは全く別のものになります。
銀行系金融会社の特徴は「消費者金融よりも審査が厳しい」ことと、「消費者金融よりも金利が低い」ことだと言われていますが、審査が厳しいと言っても、定職についていて、ローンを多く抱えている人でなければ、審査に落ちる心配はありませんし、自営業やアルバイトの人でも、条件を満たしていれば審査に通ることが可能です。
また、資金力がある大手銀行が後ろ盾となっているので、安心をしてローンを組むことが出来るという特徴もあります。

リンク〔消費者金融ノーローン
新生銀行が運営している消費者金融のリンクです。

Published by 管理人