変わりつつある消費者金融

消費者金融とは、一般的に「サラ金」と呼ばれる金融会社のことを言います。
サラ金と聞くと、少し聞こえが悪いかもしれませんが、簡単に説明をすると、無担保で個人に融資をおこなっていて、貯金や為替などの業務をおこなっていない金融会社が消費者金融になります。
銀行と比べると、審査内容がかなり甘く設定をされており、融資がおりるまでの期間が短かいことが特徴で、最短で申し込んだ当日に融資がおりることもあります。
しかし、審査に通りやすく、気軽にお金を借りることが出来るというメリットがある反面、銀行などの金融会社と比べて、金利が高く設定をされているというデメリットもあります。
以前は、違法な高い金利をとって貸し付けをおこなう消費者金融が多く存在をしていましたが、今では、法律で「金利」と「借金」に規制があるため、そのような悪質な消費者金融も少なくなってきました。
利息制限法で定められている上限金利と、出資法で定められている上限金利の間のグレーゾーンで貸付をおこなう消費者金融が多かったのですが、2010年に出資法の上限金利が年率20%に改定をされ、20%を超えると刑事事件として処罰をされるようになったのです。
そのため、以前から比べると、安心をして利用をすることが出来るようになった消費者金融ですが、いまだに上限金利を超える違法な金利で貸付をおこなう「ヤミ金」は存在をしています。
急にお金が必要になったり、多重債務によって借りることのできる金融会社がなくなったりした場合に、簡単に借りることに出来るヤミ金に手を出してしまう人もいますが、高い金利によって返済が出来なくなり、借金地獄にならないためにも、消費者金融選びは慎重におこなう必要があります。

クレジットカード会社とは

クレジットカードとは、お金が手元にない場合に、現金の代わりに使用をすることのできるカードのことを言い、クレジットカード会社とは、クレジットカードの発行業務をおこなっており、カード会員の購入代金の支払いを代わりにおこない、販売会社から手数料を受け取ることで運営をおこなっている会社のことを言います。
クレジットカード会社には、「銀行系」「信販系」「消費者金融系」「流通系」などの種類があります。
銀行系クレジットカードとは、都市銀行や地方銀行が発行をしているクレジットカードのことで、クレジットカードの約4割を占めています。
具体的には、三井住友ファイナンシャルグループが発行をしている三井住友カードや、3つのカードが合併をして出来た三菱UFJニコスカード、日本発の国際ブランドであるJCBなどが銀行系クレジットカードになります。
信販系カード会社は、最も歴史の古いカード会社で、具体的には、オリコやジャックスなどの会社があります。
また、消費者金融系のクレジットカードとは、アコムやプロミスなどの消費者金融が発行をしているクレジットカードのことで、他のクレジットカードと比べて発行スピードが速いことが特徴ですが、消費者金融を利用している人が主に使用をするカードなので、クレジット機能が弱いという特徴もあります。
最後に、流通系カード会社ですが、百貨店やスーパーなどが母体となっているカード会社のことで、具体的には、クレディセゾン、イオンクレジットなどの会社があります。

“銀行系”金融会社とは?

一昔前まで、銀行がおこなうローンと言えば、住宅ローンやマイカーローン、企業に対するローンなどで、個人を対象としたローンは存在をしていませんでした。
しかし、近年では個人に対する無担保ローンもおこなわれるようになり、銀行に口座を開く時などに、クレジット機能がついたキャッシュカードの発行を勧められることも多くなりました。
また、銀行が直接運営をおこなうのではなく、銀行と消費者金融が共同で出資をおこなって、子会社を作り、その子会社が主な運営をおこなう「銀行系金融会社」も増えてきています。
具体的には、三菱東京ファイナンシャルグループのアコムや三井住友銀行のプロミス、三菱東京UFJ銀行のモビットなどです。
「銀行系」という言葉が少しややこしくさせていますが、銀行系金融会社とは、銀行が後ろ盾となって運営をおこなっている会社のことなので、銀行で組むローンとは全く別のものになります。
銀行系金融会社の特徴は「消費者金融よりも審査が厳しい」ことと、「消費者金融よりも金利が低い」ことだと言われていますが、審査が厳しいと言っても、定職についていて、ローンを多く抱えている人でなければ、審査に落ちる心配はありませんし、自営業やアルバイトの人でも、条件を満たしていれば審査に通ることが可能です。
また、資金力がある大手銀行が後ろ盾となっているので、安心をしてローンを組むことが出来るという特徴もあります。

リンク〔消費者金融ノーローン
新生銀行が運営している消費者金融のリンクです。